輪島商工会議所
 
財形制度とは 財形事務代行制度 財形制度の特典 事業主のメリット お問い合わせ
 
 平成8年10月「勤労者財形促進法」の改正に伴い、自らは財形事務を処理できる十分な体制をとることができない中小企業の事業主においても、事務負担を感じることなく容易に財形制度を導入することが可能な「財形事務代行制」が創設され、輪島商工会議所におきましても事業主の委託を受け事務代行団体として支援事業を行うことができるようになりました。
 事業主の皆様におかれましては、勤労者の福利厚生制度の充実を図る面から「財形制度」の導入を是非ご検討下さい。
はじめよう!財形貯蓄
 
 給料やボーナスからの天引きで、ムリなく、知らず知らずのうちにお金が貯まります。
 
財形制度は、勤労者の計画的な財産づくりを、国と事業主が支援する制度です。現在、財形貯蓄の加入者は1,313万人、貯蓄残高は18兆4,000億円(平成14年9月末現在)で、多くの勤労者の計画的な資産形成に大きく寄与しています。
■一般財形/車に旅行に結婚に!あれこれ使えます。
何に使うか、目的を限定していません。だから、車、旅行、教育、結婚など、いろいろな目的に、そして不意の出費に自由に使えます。貯蓄を始めて1年たてば、いつでも好きな時に払い出せます。
★加入資格→勤労者  ★資金使途→自由  ★積立期間→3年以上
★積立方法→給料、ボーナスから天引き
 
■住宅財形/マイホームが欲しい人に!利子非課税です。
マイホームの新築・購入、リフォームや増築など、住まいの資金づくりを目指す方にお勧めします。年金貯蓄と合わせて貯蓄残高550万円まで利子等に税金がかかりません。
★加入資格→満55歳未満の勤労者で、他に住宅財形契約をしていない方
★資金使途→1.住宅の新築
         2.住宅の購入
         3.工事費75万円を越える増改築
★積立期間→5年以上  ★積立方法→給料、ボーナスから天引き
 
■年金財形/老後の蓄えに!利子非課税です。
60歳以降に年金として受け取るための老後の資金づくりを目的としています。
住宅貯蓄と合わせて貯蓄残高550万円まで利子等に税金がかかりません。
★加入資格→満55歳未満の勤労者で、他に年金財形契約をしていない方
★積立方法→給料、ボーナスから天引き  ★積立期間→5年以上
★受付期間→満60歳以降に5年以上20年以内
★措置期間→積立終了から受付開始までの5年間
▲ページトップへ