商売にプラスのこと/JANコードの申請受付

JANコードについて

JANコード(国際的にはEANコードと呼ぶ)は、世界の約100カ国が加盟する共通商品コードの管理推進機構である国際EAN協会で、世界の商品コードとして管理されております。

JANメーカコード登録申請の流れ

  1. 輪島商工会議所にて「JANメーカコード利用の手引き」を購入

    ※1冊 1,200円

  2. 手引きの本をよく読んでから、「登録申請書」を記入

    ※年商や業種により、「ランクと登録申請料」が異なります。

  3. 金融機関で「登録申請料」を振り込む

  4. 振り込んだ領収証のコピーを「登録申請書」に貼り付ける。

  5. 輪島商工会議所に「登録申請書」を提出

    ※コード番号を急ぐ場合はその旨を職員にお伝え下さい。
      流通コードセンターと連絡し対応をいたします。

    ※通常は約2週間かかりますので、できる限り、余裕をもって申請して下さい。

  6. (財)流通システム開発センター 流通コードセンターから「JANメーカコード登録通知書」が届きます。

  7. 流通コードセンターから来た書類に基づき、商品アイテムコードを自社で設定

    ※個々の商品を表す「商品アイテムコード」は
    自社で重複のないように設定し正確に管理してください。

  8. バーコードの製作

    ※「チェックデジット」を計算により算出します。
    算出方法は、「JANメーカコード利用の手引き」をご確認下さい。

    ※バーコードフィルムマスター製作会社や印刷会社に作成を依頼します。
    (チェックデジットの検算を依頼できます)

  9. 取引先にJANコードの通知(チェックデジットの検算を依頼できます)

  10. 商品にバーコード印刷・・・そして出荷

    ※バーコードの印刷の位置、大きさ、色は印刷会社とご相談下さい。

財団法人「流通システム開発センター」